両親が離婚問題に介入し、それによりこじれた問題を解決した事例

1010

離婚問題は夫婦の問題かと思いきや親が介入してきてこじれてしまうケースもよくあります。結婚や離婚は夫婦だけじゃなく、お互いの家族にも影響がある場合が多いです。家族通しで揉めてしまうのはなるべく避けたいですよね。そういった場合は第三者で法律の専門家である弁護士にご相談ください。
今回は、両親の介入により離婚がこじれてしまった相談の解決事例をご紹介いたします。

状況・背景等
依頼者:男性30代後半
相手方:女性30代前半
子ども:一人
依頼者と妻が別居。
それと同時に,依頼者に脅迫めいた怪文書,過剰な要求が届くようになる(妻側の父親によるもの)
実務的な観点とかけ離れた感情論のみの要求に辟易していた依頼者が相談。
実施したこと
妻側の父親が代理人を名乗って弁護士にも接触をしてきたため,当方としては家庭裁判所に調停を申し立てる旨及び弁護士以外の代理人とは交渉しない旨を伝えました。その後,離婚調停,婚姻費用減額請求調停,面会交流調停などを申立てを行いました。
得られた結果
妻側の父親の関与しない調停という場で,話し合いができ解決ができました。
当ケースのポイント
離婚に伴う問題では,双方の両親を踏まえた話し合いというものがよく行われます。
しかし、双方の両親はそれぞれの子供の味方であり、裁判所での実務や相場といったものとは関係なく,被害者・加害者といった視点,
感情論での話し合いになってしまいます。そのため,双方の家族会議的なもので解決された、という事例は多くないと思われます。
家庭裁判所での調停は,当事者本人または弁護士による代理人のみが出席でき,冷静な話し合いができるという意味でも効率的な方法であると思われます。
また金銭が絡む問題では,債務名義(強制執行をできる根拠となるもの)となる調停調書を裁判所が作成してくれる点に大きなメリットがあります。