破産・個人再生の事例

<Q>
住宅購入の際、住宅ローンを組む為、銀行から借り入れ、当時の夫の連帯保証人となりました。
その後、夫とは離婚、住宅のローンは夫が支払い続けるも、支払いが遅れ残金の全額の支払いを求められました。
今の生活状況ではとても支払うことはできません。

どうにかならないでしょうか。

<A>
住宅ローンという高額な借金であったため、債務整理ではなく、破産の申し立てとなりました。
破産申し立てから約3か月後、免責許可決定が裁判所より出され、解決しました。

関連記事

  1. 離婚の事例
  2. 両親が離婚問題に介入し、それによりこじれた問題を解決した事例
  3. 30代女性が交際相手のために借金を作り,債務整理した事例
  4. 相続の事例2
  5. 男女関係の事例
  6. 示談・交渉の事例
  7. 離婚の事例4
  8. 交通事故の事例
PAGE TOP